不妊治療をする時に病院やクリニックを大阪で選ぶ時のポイントを抑えよう

SITEMAP

寝ている赤ちゃん

不妊治療の流れについて

笑っている赤ちゃん

病院に不妊を相談に行くと、まず、基本的な検査から始まります。そして、検査に異常がなければまず、「タイミング療法」をします。これは、排卵日を予測することで卵子と精子を出会いやすくするものです。一般的には半年ほど続けて結果が出なければ、次に「人工授精」へ進みます。これは、授精しやすくすために精子を人工的に子宮に入れる治療法です。これでも結果が出ないと次に「体外受精」進みます。体外受精とは女性の卵巣から卵子を取り出し、体外で精子と受精させてから、受精卵を子宮に戻す方法です。それでも、結果が出なければ、「顕微鏡受精」へ進みます。顕微鏡受精とは取り出した卵子の中に精子を入れることで人工的に授精させ、受精卵となったものを子宮に戻す方法です。
このように、不妊治療は徐々に治療の段階を進めていく「ステップアップ治療」が取り入れられています。ただ、年齢や体調、検査結果、カップルの考え方、意見によって進み方、それぞれの方法を試みる期間は人それぞれであり、医師の判断によって行われます。この間に詳しい検査をしたり、不妊治療を進めていくうえで排卵しづらいことがわかれば排卵誘発剤、体質改善のために漢方薬が処方されることもあります。

Recent Entry

TOP